動物虐待?生きたニワトリを噛ませたトラと観客を綱引きさせる中国の動物園

こらアカン

生きた鶏を噛ませてトラと綱引き

中国・湖南省の長沙動物園でトラ(シベリアタイガー)と観客を綱引きさせるというアトラクションが催されました。10月初旬の連休に合わせて行われたこのアトラクション。動物園側は、今後も定番のアトラクションにして行きたいと考えているようですが・・・。

スポンサーリンク

動物園のスタッフは、トラと観客が綱引きをすれば話題にもなるし、トラの鈍った野生感覚をとり戻すことにもつながると、この企画を考案。
10月から定番のアトラクションにするため、まずは予行演習も兼ねて実際に7名の観客が参加して綱引きが行われました。

生きた鶏を噛ませてトラと綱引き

ルールはシンプルです。
生きたニワトリを入れた丈夫な麻袋をトラに噛みつかせ、もう一方から伸びたロープを観客に引っ張らせて勝敗を競うというもの。

4歳のシベリアタイガーはエサのニワトリを取られまいと必死に前足で踏ん張って噛みつきます。トラはガラス張りの檻の中にいてロープだけが外に出ている形なので、参加者が実際に襲われたりすることはありません。
参加費用として45元(700円ほど)を払えばだれでも綱引きに参加できるそうです。

生きた鶏を噛ませてトラと綱引き

このアトラクションの様子が中国国内のニュースやネットで流れると、動物愛好家たちは「トラの歯が折れてしまう」「これは虐待にあたるのでは?」と批判を向けています。

中国では動物園におけるショーやパフォーマンスを制限している部分もあり、このアトラクションが違反を犯しているのではと指摘する声もあるようです。

生きた鶏を噛ませてトラと綱引き

トラもかわいそうだし、こんな企画をする動物園もどうかと思います。
だけど一番かわいそうなのは生きたままトラに噛まれてエサにされるニワトリなのでは・・・

Chinese zoo where tourists play tug of war with a TIGER using a live chicken

参照元:China.org.cn “Zoo’s tiger-human tug-of-war game condemned”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!