チーム専属マッサージ師が相手チームのシュートをブロック!→そのまま逃走

こらアカン

マッサージ師がシュートをブロック

ブラジルのサッカーリーグ「セリエD」で行われているサッカーの試合中にありえないような珍事が発生しました。

スポンサーリンク

事件が起きたのはブラジルのサッカーリーグ「セリエD」のTupi対Aparecidenseの試合中。
2-2で迎えた後半44分ごろ、攻め込むTupiの選手がシュートを放ったその瞬間、ゴールを防いだのはキーパーじゃなくて、なんとAparecidense専属のマッサージ師

シュートをブロックするマッサージ師

2度のシュートをゴールライン上で華麗に防ぎ切り、見事なブロックを披露した後そのまま猛ダッシュで逃走。その逃げ足の速いこと。

怒ったのはTupiの選手たち。
明らかにゴールが決まっていたはずなのにこれはあり得ないと、この男を必死に追いかけます。
しかし男は無事に逃げ切り、控室に通じる通路へと消えて行きました。

シュートをブロックするマッサージ師

…っていうか、選手じゃない人がゴール防ぐのって違反なんじゃ・・・?

試合は20分ほど中断されましたが、その後ロスタイムに持ち込まれ、そのまま引き分けでゲームは終了。
しかしアウェーでのゴール獲得数が多かったAparecidenseがトーナメントを勝ち進む結果となりました。

Romildo Fonseca da Silvaという名のこのマッサージ師、試合後のインタビューでこのように語っています。

「チームを救う唯一の手段だった。チームのためにやったんだから後悔なんてしてないさ。」

・・・って、そういう問題じゃないと思うんですけどね。

Tupi側は
「ブラジルサッカー史上最も恥ずべき行為だ。断固として抗議する」
とチームのWebサイトで声明を出しています。

Massagista tira gol e elimina Tupi-MG

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!