大人気ゲームアプリ「Flappy Bird」のアナログバージョンに熱中する人々

イケてる

ゲームアプリのアナログ盤

中毒性がありすぎるとの理由で制作者自らアプリストアから削除した大人気ゲーム「Flappy Bird」が、なんと紙箱で作られたアナログゲームとしてよみがえりました。

スポンサーリンク

ボタンを押すと箱がパカッと開いてゲームスタート。ボタンを押して鳥を上下に操作し、土管に当たったら箱が閉じてゲームオーバー。
ちょっと当たり判定が厳しくイラっとしてしまうものの、またプレイしたくなるのは元ゲームと同じかも。

Flappy Bird in a Box Hack (In Real Life Version)

これを作ったのは科学エンジニアリングのコミュニティ「MakeAnything」の創始者でもあるFawn Qiuさん。
小型のコンピュータ基盤、紙箱、モーター、磁石だけで作られているそうです。

冗談のつもりで作って友人らにプレイさせ、その様子をYouTubeにアップしたら既に再生回数が約200万。本人もビックリでしょうね~。

ちなみにこちらが本作のプレイの様子。
Flappy Bird (Gameplay Version With Music)

どんな感じかやってみたい方、世界中のユーザーとオンラインで一緒に遊べるブラウザ版ゲームもあります。
ハマりすぎ、中毒症状に注意!
FLAPMMO

参照元:qiulab.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!

スポンサーリンク