おお、神よ!花火が誤爆して悲痛な声を上げながら撮影を続ける男性

ビックリ

花火が誤爆

7月4日のアメリカ独立記念日には全米各地がお祝いムード。
夜も更ける頃、とある住宅街の一角でも花火を上げてお祝いをしようと準備していました。
ところが、花火が誤って引火してしまい、次々と爆発を起こしてしまいます。
ビデオカメラを手に撮影をしていた男性はパニックになって「神よ!」と叫びながら次第に泣き声になってしまいます。

スポンサーリンク

火が庭の植え込みに燃え移って、男性の悲嘆の声は頂点に・・・。

Boot leg fireworks gone wrong

まるでこの世の終わりを見ているかのような悲痛な叫びでした。
花火の事故も大変ですが、この男性の叫び声が余計にパニックを助長しているようにも見えます・・・。
大きな火事には至らならなかったようで不幸中の幸いでしたが、お祝いムードが台無しになってしまいましたね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!