口にしたら地獄の苦しみが待っている…世界一辛いハンバーガー→これまでに5人が病院送り

ビックリ

世界一辛いハンバーガー

イギリス、サセックス州ブライトンのハンバーガー屋「Burger Off」では世界一辛いハンバーガー「XXXホットチリバーガー」が大変な人気となっています。
あまりの辛さのため人体に悪影響を及ぼし、これまでに5人が病院送りとなったいわくつきのバーガーですが、無謀な挑戦者が後を絶たず、店のオーナーも困惑しているようです。

スポンサーリンク

辛さの度合いを示すスコヴィル値は920万。
平均的な唐辛子が500ほど、ハラペーニョが2500、非常に辛いチリとして有名なハバネロでさえ30万なので、いかにこのXXXホットチリバーガーが辛いのか、ちょっと想像できませんね。

世界一辛いハンバーガー

食べることができるのは18歳以上の健康な人のみ。
食べた後にどんな状態になっても文句を言わないように免責書類にサインしないといけません。

世界一辛いハンバーガー

3000人余りがこれまで挑戦し、無事に完食できたのはわずか60人ほどだけだそうです。

挑戦者のうち5人は途中で気分が悪くなり、病院に運ばれてしまいました。そのうちの一人は腸に穴があいてしまい、他の4人はアナフィラキシーショックで緊急入院。なんともおそろしいバーガーです。

世界一辛いハンバーガー

店のオーナーであるNick Gambardellaさんはこう語っています。

「お客さんにはとても好評だよ。だけどほんとに信じられないくらいに辛いから健康に良くないと警告した上で食べてもらっている。」

「僕にはわからないね、なぜ彼らがこれを食べるのか。ほんとクレイジーだと思うよ。たぶん仲間内のノリで挑戦したり、あるいは自分への挑戦とか思ってるんじゃないかな。」

世界一辛いハンバーガー

自信満々で挑んだ人も最初の一口でノックアウトしてしまうこともあるようです。

Gambardellaさんはこう続けます。

「ある時、生意気そうな男が入って来てバーガーを食べたんだけど、その後胃潰瘍を患って入院しちゃったよ。」

「運よくこれまで誰も死ぬことなく続けてるけどマジで致命的な辛さだと言うことには変わりない。」

「アナフィラキシーショック(重度のアレルギー反応)によって死亡事故につながる恐れもあるため、ちょっと今後どうしようか迷ってるよ。」

世界一辛いハンバーガー

食後具合の悪くなった人の症状としては、かゆみを伴う発疹、喉の腫れ、呼吸困難や低血糖などが挙げられます。

「こんなリスクがあるのに客は食べたがる。彼らが望むうちは当面提供し続けるよ。」とGambardellaさん。

冗談抜きで死者が出てしまうのではと心配になるほどの辛さみたいですが、やめるにやめられない状況のようです。

*  *  *

実際に食べに行った人たちがYouTubeでその地獄っぷりを披露しています。

勢いよくスタートするものの半分を残して断念。その後がキツそう・・・。

友人どうしで格闘ゲーム風に対決。しかし勝負にならず。2人とも全然食べられない。

なんとか完食できたものの、あとが大変。

イギリスに行く予定のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただし命の保証はできません。
Facebook “Burger Off Hove”

参照元:
ODDITYCENTRAL “How Hot Is the World’s Hottest Chili Burger? Well, It Put Five People in the Hospital”
Mail Online “The hottest restaurant in town! Chilli burger is so fiery it has put FIVE people in hospital (and diners have to sign a waiver before they’re even allowed to order one)”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!