グッとくる

第一次世界大戦が勃発した年から今年(2014年)でちょうど100年。 世界中が戦争モードだったあの頃、マイペースな彼らはどこでどうしてたのでしょうか。 当時の様子を知る写真の中にひょっこり写っていた猫たちの姿をご覧ください。 1.オーストラ ...

グッとくる

今なお続くイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区への攻撃。多くの家屋が破壊され、何の罪もない民間人が犠牲となっていることは悲しむべき事実です。 砲弾が着弾して爆発し、煙が舞い上がっている写真や映像が毎日のように公開されています。それらの画像 ...

グッとくる

ポーランドの首都ワルシャワでは、毎年8月1日に1分間の黙とうが行われます。 街中の人全てが静かに動きを止め、粛々と祈りを捧げます。 人々や車、バスなどが一様にピタッと静止する様子はまるで静止画。しかしこれは悲しい歴史を決して忘れてはいけない ...

おすすめ, グッとくる

1970~1980年代の起こったカンボジア内戦で数多くの地雷が埋められ、内戦が終結して月日の経った今もなお、無数の地雷がそのままの状態になっていると言われています。 悲劇的な自国民大虐殺を引き起こしたクメールルージュにかつて所属し、命令に従 ...

グッとくる

今年2014年は第一次世界大戦が勃発してからちょうど100年目。 歴史深いイギリス各地の町や村も当時は戦争ムード一色となっていました。 その後第二次大戦も経て、時が経過した現在。この場所で100年前にどんなことが起こっていたのか、なかなか想 ...

なるほど

イラク国内のシーア派の聖地ナジャフには「ワディ・アル・サラーム(Wadi Al-Salaam)」という場所があります。 Google Mapの衛星写真では砂漠に広がる都市のように見えますが、近づくと、建物のように見える建造物はなんと全てお墓 ...