なるほど

カツオノエボシ
浜辺を歩いていて、紫色あるいは青色をした透明の袋みたいな物体を見つけたら要注意です。 これはカツオノエボシ(英名:Portuguese Man O' War)という刺胞動物で、「透明の物体」から伸びている触手にうっかり触れてしまうと強烈な電 ...

ビックリ

旧ソ連時代の地下要塞に潜入
ロシアのYoutuber、Shieyさんは人が行かないような危険な場所や進入禁止の場所などに潜入しヘッドカメラで撮影した動画を多くアップロードしています。 今回彼が潜入したのはロシア某所の地下シェルター。ここはソビエト時代の遺物だと思われま ...

ビックリ

湖でコバエの大群に遭遇

アイスランド北部のミーヴァトン湖でボートに乗っていたら、信じられないほどのコバエの大群に遭遇。湖の上におどろおどろしい黒い影を作り、その量は視界が遮られうほど。 そのまま進んで行ったボートを完全に覆い尽くし、乗っていた人の服や髪の毛にごっそ ...

ビックリ

観客席に現れた謎の人影

南米ボリビアのサッカーリーグの試合中、観客席に何やら怪しい人影が出現。ものすごいスピードで左から右へと走り抜けて行く様子が映し出されています。 他の観客はその影を避けようともせず、おそらく見えていなかったのではと思われます。 これは幽霊?も ...

ビックリ

マネキンを使った静電気実験が怖い

20世紀初期に発明された「ヴァンデグラフ起電機」に触っていると静電気がたまって、髪の毛が放射状にブワーッと伸びてしまいます。 機械の構造が単純なため学習用などに使われ、子供でも安心して実験できます。 ただしマネキン人形を使うのはあまりおスス ...

ビックリ

ワニに噛まれた時の映像

オーストラリアのシドニー北部にある爬虫類公園で、体長5メートルもあるワニが飼育されています。その名をエルビスと言うこの巨大ワニの様子を撮影するため、池から誘いだしてカメラの方へ近づけると・・・ 不気味な沈黙の後、一瞬のうちにカメラをガブッ! ...

ダメだコリャ

もし猫みたいな人が職場の同僚だったら

気まぐれで単独主義、警戒心がやたらと強く、袋の中でゴニョゴニョしたり角っちょでスリスリするのが好き。 そんな猫のよくある性格を人間に当てはめてみたら・・・。 ・・・かなり不気味な人になってしまいます。 こんな人が職場の同僚だったらちょっと怖 ...

ダメだコリャ

パノラマ失敗写真
iPhoneでも標準搭載されているカメラのパノラマ撮影機能。 横長の写真を撮るのに便利ですが、撮影方法をミスると思いもよらない写真が撮れちゃったりします。 ちょっと夢見悪そうな不気味な写真の数々、ご覧ください。 1 胴長ワンコ。スリンキード ...

ビックリ

超リアルなシリコン人形
オーストラリア・メルボルン在住のビジュアルアーティスト、サム・ジンクス(Sam Jinks)さんは、シリコンと樹脂、ファイバーグラスなどを使って超リアルな人物の彫像を作っています。 そのリアルさと言ったら半端ない。 まるで本当に生きてるみた ...

ビックリ

目から塗料を噴出して絵を描く

アルゼンチン在住のアーティスト、レアンドロ・グラナート(Leandro Granato)さんは世界でも他に類を見ない「目」を使って絵を描くアーティストです。 鼻から塗料を吸いこみ、彼独自の特異な方法で目から塗料を噴出させ、キャンバスにペイン ...

ビックリ

中身がないのに動く昆虫
虫が苦手な方は閲覧ご注意ください。 タイのどこかで撮られた映像です。 昆虫が岩の上をヨタヨタ動いていますが、良く見ると胴体の中身がありません。 天敵に胴体の中身だけ食べられてしまったのでしょうか・・・。 頭の部分は無事なので、体を動かすのに ...

ビックリ

ヘビ女みたいな女性

中国版ミニブログ「ウェイボ」で、ある女性ユーザーが自分の写真画像をアップしているのですが、その姿がまるで中国アニメのヘビ女みたいだと話題になっています。 彼女は「宇宙美少女蝴蝶公主」というユーザー名で登録しており、しっかりとメイクをした自分 ...