美人ナースが常時待機!?不健康を売りにしたファーストフード店が話題に

ビックリ

ハートアタックグリル

アメリカ・テキサス州に「Heart Attack Grill」(心臓攻撃グリル)というファーストフード店があります。マクドナルドを始めとして、一般的にファーストフード店の食事は高カロリーなものが多く、頻繁に食べると健康を害する恐れがあると言われていますが、このハートアタックグリルはそんな考え方を逆手に取り、あえて「不健康さ」を売りに営業を行っています。

スポンサーリンク

ハートアタックグリル
気になるメニューは通常のシングルバーガーの他、ダブル、トリプル、さらに4層バーガーもあり、使用される牛肉は230g~910gほどになるそうです。この4層バーガーは4枚の牛肉パティと8枚のチーズ、16枚のベーコンスライスが含まれ、8,000カロリーという強烈なメニューとなっています。
また、濃厚なラードや世界最高レベルの脂肪含有量を誇る乳脂肪バターで揚げられる「死者のフライ」と呼ばれるフライドポテトも名物だそうです。

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル
健康を害して人がいつ倒れてもいいように、店内は病院のようなイメージを漂わせ、ウェイトレスはみなさんとてもセクシーなナース姿です。
「お客様」は「患者」と呼ばれ病院服を着せられます。また「ご注文」は「処方」として扱われ注文したメニューが記載されたタグが腕に巻かれ、「医者」が聴診器を持ってそれぞれの患者の診察に訪れたりします。

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル
このお店のサービスとして、体重160kgを超える「患者」はなんと無料で食事が出来るそうです。また、トリプルバーガーか4層バーガーを完食した「患者」は専属のナースが付き添い、車椅子に乗せられて外までお見送りしてくれるという徹底ぶり。
「入院患者を死に追いやる恐ろしい病院」というイメージがピッタリの、ちょっとブラックユーモア的な要素が感じられますが、開き直ったファーストフードとしてジョーク好きのアメリカ人にはとてもウケがいいようです。

このお店のコンセプトは実際不健康になりかねないとして論争を巻き起こしているそうですが、それが人々の注目を浴びることにつながり、結果としてマーケティング効果を上げているそうです。

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル

ハートアタックグリル
質素な食事を好む日本人には到底受け入れられないファーストフード店ですが、アメリカ人にとっては様々な面において「狙った通り」のお店となっているようですね。

Heart Attack Grill – Extreme Pigouts

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!