強盗に銃で脅されながらも全く動じないレジ店員の態度が話題に

こらアカン

カンザスシティーの強盗

アメリカのミズーリ州カンザスシティにあるサンドウィッチ店で強盗事件が発生しました。
黒人の犯人が銃を突きつけ、レジの店員を脅迫。
ところが店員はまったく動じず、面倒臭そうに仕方なくレジからお金を犯人渡すそぶりが話題となっています。

スポンサーリンク

カンザスシティー警察がその時の防犯ビデオをツイッターで公開しています。

普通目の前で銃を突きつけられたら動揺して慌てふためくかと思うのですが、この店員はまったく動じないどころか妙な落ち着きぶりで、とりあえず犯人にレジのお金を渡します。

その様子が「チッ、だりーなー。お前どうせ捕まるからな」とでも言いそうな雰囲気です。

実際、後日この防犯カメラの映像や市民からの通報で犯人は逮捕されたようです。
それよりなにより、この店員さんの悟りきったような落ち着きようが話題となっております。

銃犯罪が後を絶たないアメリカ、このくらい精神が安定してないと夜の店番も務まらない・・・のかも?

参照元:Mail Online “Unbelievable moment super cool Jimmy John’s employee looks unfazed as robber points gun at his head and orders him to open cash register”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!

スポンサーリンク