両腕のない卓球選手が人生で得ることのできた成果とは?

グッとくる

両腕の無い卓球選手

エジプトの卓球選手、イブラヒム・ハマート(Ibrahim Hamato)氏には両腕がありません
彼のプレイスタイルは口にラケットをくわえて玉を打つ、とてもユニークなものです。
完全に不利とも言えるコンディションにも関わらず、卓球選手として実力を上げて来たイブラヒム氏。その秘訣とは何なのでしょう?

スポンサーリンク

卓球大好き少年だったイブラヒム氏は10歳の時に事故に遭い両腕を失ってしまいます。
もはや普通に卓球をプレイすることは不可能な状態でしたが、どうしても卓球をやりたかった彼は、事故の3年後に試行錯誤を始めます。

脇の下にラケットをかかえたり、その他いろいろ試してみましたが、どれもうまくいきません。最終的に編み出した方法が、口でラケットをくわえるというスタイル。
彼はその後もこの独自のプレイスタイルを貫き、今ではパラリンピックの選手に選ばれるほどに。

2014年に東京で開催された卓球の世界大会に主賓として招待された彼は、世界の名だたる卓球選手とプレイする機会を得ました。

両腕のない卓球選手

「世界最高の選手たちを間近で見られて本当に幸せです。誰だって一生懸命やってれば不可能なことはないんだと思います。」
そう語るイブラヒム氏。

人生で得た最高の成果を問われた時の答えに、イブラヒム氏の全てが込められています。

「第一に、私の全てである妻。第二に卓球。私にとっての最大の成功とは、卓球で勝つたびに楽しさを味わえることなんです。」

Ibrahim Hamato – Nothing is Impossible

YouTube

大好きなことを諦めず、不可能を可能にした男の「Nothing is Impossible」。
その言葉が強く響きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!