マイペースぶりは変わらない。100年前の戦場にいた猫たちの写真17枚

グッとくる

第一次世界大戦と猫

第一次世界大戦が勃発した年から今年(2014年)でちょうど100年。
世界中が戦争モードだったあの頃、マイペースな彼らはどこでどうしてたのでしょうか。

スポンサーリンク

当時の様子を知る写真の中にひょっこり写っていた猫たちの姿をご覧ください。

1.オーストラリア海軍の船に乗っていた猫
第一次世界大戦と猫

Wikipedia

2.フランス、カンブランの戦場で砲手にモフられる猫 1918年2月6日
第一次世界大戦と猫

IWM

3.イギリスの戦艦、ドレッドノートのマスコット猫だった「Togo」
第一次世界大戦と猫

IWM

4.「スパーク・プラグ」と名付けられたマスコット猫
第一次世界大戦と猫

Library of Congress

5.イギリス海軍の護衛空母、ヴィンデックスのマスコット猫「ピンチャー」
第一次世界大戦と猫

Wikipedia

6.イギリス海軍航空母艦、クイーン・エリザベスの15インチ大砲の上を歩く猫 1915年、ガリポリ(現トルコ領)の戦い
第一次世界大戦と猫

Bibliotheque nationale de France

7.カナダ人兵士の猫「Tabby」 1914年9月27日 英ソールズベリーの平原
第一次世界大戦と猫

IWM

8.スコットランドの第9大隊、ゴードン・ハイランダーズ第15連隊に所属する兵士とペットの猫「Martinpuich」 1916年8月25日
第一次世界大戦と猫

IWM

9.アメリカ戦艦の4インチ口径砲台で遊ぶ2匹の猫
第一次世界大戦と猫

US Naval Institute

10.塹壕の中で生まれた子猫「Pitouchi」
第一次世界大戦と猫

SOLDIERS IN FUR AND FEATHERS978-1-57779-154-6

この子猫の親猫が殺されてしまったので、ベルギー軍のLekeux中尉が世話していたそうです。
ある時、中尉がドイツ兵に殺されそうになったところ、この子猫が飛び出してドイツ兵の気をそらし、中尉の命を救ったという逸話があります。

11.フランス北部ル・カトー・カンブレシの戦場にいた猫を手なずける2人の兵士
第一次世界大戦と猫

Pictorial Record of the 27th Division

12.オーストラリア海軍駆逐艦HMASスワンの甲板でのんびりするマスコット猫「Ching」の足をプラプラさせる船員
第一次世界大戦と猫

Australian War Memorial

13.オーストラリア戦艦の甲板で2匹の猫を抱える船員 1917年、メルボルン
第一次世界大戦と猫

Australian War Memorial

14.土嚢バリケードの出入り口で兵士に抱きかかえられようとしている猫 1915年、ガリポリの戦いにて
第一次世界大戦と猫

Australian War Memorial

15.雪の上で猫と遊ぶイギリス兵士
第一次世界大戦と猫

Illustrated War News , Vol.7, London, 1918

16.野営地で猫とともに肖像写真を撮る兵士たち 1915年8月12日
第一次世界大戦と猫

Australian War Memorial

17.子猫を抱えた兵士のスタジオ肖像写真 1915年、メルボルン
第一次世界大戦と猫

Australian War Memorial

大砲の中だろうがプロペラの上だろうが、危険な戦場のど真ん中だろうが、マイペースで我が道を行く猫の姿は今と変わりがありません。

「猫のやることなすこと100年前も同じだね。」

と笑う人間に対して

「まだドンパチやってるね。人間のやってることは100年前とたいして変わらないニャー」

と猫たちも思ってるかもしれませんね。

参照元:These Are the Brave and Fluffy Cats Who Served in World War I

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!