大統領選挙の集会で椅子の投げ合い→収拾のつかない事態に(ボリビア)

こらアカン

大統領選で椅子の投げ合い暴動

心の不満はちょっとしたことがきっかけで暴走してしまうこともあります。
ボリビアのサンタクルスで行われていた大統領選挙の集会で発生したハプニングも、参加者によるちょっとしたイザコザが原因でした。

スポンサーリンク

集会には様々な人が訪れ、ライバルどうしのサッカーチームのサポーターも多数参加していたそうです。

仲悪いどうし、同じ場所にいて平穏であるはずがありません。
案の定ケンカが始まり、それはやがて椅子の投げ合いに発展。
他の参加者も巻きこんで収拾のつかない事態になってしまいました。

映像はこちら
Mass Brawl At Bolivia Campaign Launch

その後警察によってこの集会は強制的に終了させられたようです。
ケガ人や逮捕者の情報は不明です。

サッカーファンどうしのいがみ合い、というのは口実で、実際は生活や政治に対する不満が爆発したものなのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!