ワールドカップ決勝でピッチに乱入したロシア出身のコメディアン、乱入前の宣言映像

ダメだコリャ

W杯決勝ピッチ乱入男

先日終了したサッカーワールドカップ2014。決勝のドイツ-アルゼンチン戦はすばらしい試合でしたが、試合中にあるハプニングが
シャツをめくりあげた男が突然ピッチに乱入し、選手にキスを迫る等して試合が一時中断。胸には「Natural Born Prankster(生まれつきのイタズラっ子)」の文字が。こいつは一体・・・!?

スポンサーリンク

この時の様子はTVでは放映されなかったのですが、ちょうど試合を観戦していたNBA選手のレブロン・ジェームズさんが動画撮影し、投稿されたInstagramで話題となっておりました。

単なる愉快犯のようですが、世界が注目する試合でよくやりますな・・・。

W杯決勝ピッチ乱入男

W杯決勝ピッチ乱入男

W杯決勝ピッチ乱入男

W杯決勝ピッチ乱入男

実はこの乱入男の正体はロシア出身のVitaly Zdorovetskiyというコメディアン。
ピッチに乱入する前の映像を自ら撮影して、「これから乱入してみる」と宣言しています。

Streaking During World Cup Final!

YouTubeで数々のPrank(イタズラ)映像を公開し、どれも数百万回再生されている人気チャンネルとなっています。
今回の乱入ももちろん確信犯的な要素があったようですね。

YouTube “VitalyzdTv”

試合のムードも壊れるしウケ狙いで乱入するとか止めてもらいたいものです。
でも懲りずに今後もいろんなイタズラを仕掛けて行くんでしょうね。

参照元:THE MARS LEER.com “LeBron captures Vitaly Z’s botched attempt to troll the World Cup on film”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!

スポンサーリンク