常識を覆すアコースティックギターの弾き方。しかも二刀流

イケてる

普通じゃない二刀流ギタリスト

若手ロックミュージシャンのジェイソン・カーツォン(Jason Kertson)がYouTubeにアップしたアコースティックギター演奏が話題を呼んでいます。
膝の上にギターを2本置いて、弦を手で叩いたりする独特な奏法で弾いてます。
動画がアップされた当時は若干13歳の彼。その器用な演奏パフォーマンス、ご覧ください。

スポンサーリンク

Jason Kertson playing “Drifting” by Andy McKee

この「Drifting」という曲は、Andy McKeeというギタリストがYouTube黎明期の2006年にアップした曲。
普通じゃないギターの弾き方は多くのユーザーを魅了し、今では再生回数が5千万回に届きそうな勢いです。
元祖は1本のギターで弾いていますが、パワフルで安定感のある見事な演奏です。

Andy McKee – Guitar – Drifting – www.candyrat.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!