これがすべて木で出来た彫刻?本物と見間違えるほどリアル過ぎる木工アート

グッとくる

リアル過ぎる木工彫刻

段ボールに詰め込まれた札束の山。
一見すると確かに札束です…。

だけどこれが全て材木を切り出して作られた彫刻だとしたら、信じられるでしょうか?

スポンサーリンク

実際のところ、札束だけじゃなくて段ボールやガムテープ、無造作に張られたステッカーなど、全てがリアルに作られたアート作品なんです。

リアル過ぎる木工彫刻

彫刻ばかりか繊細に描かれたお札の絵柄も見事ですね。

もはや彫刻というジャンルを超越しているこの木工アートを作りだしいているのは
米ニューヨーク州在住のアーティスト、ランドール・ローゼンタール(Randall Rosenthal)さん。

あまりにリアル過ぎるのでフェイクじゃないかと疑う人が続出しそうなので、その製造工程を見てみましょう。

リアル過ぎる木工彫刻
彫刻のベースとなる松の木材を接着剤で固定しています。

リアル過ぎる木工彫刻
接着剤が固まったら、まずはだいたいの下書き。

リアル過ぎる木工彫刻
おおまかな形状に彫り出して行きます。

リアル過ぎる木工彫刻
この時点では何を作ってるかよく分かりません。

リアル過ぎる木工彫刻
徐々に段差をつけて形を整えて行きます。

リアル過ぎる木工彫刻
ほぼ形が整いましたが、これでもなんだか分かりませんね。

リアル過ぎる木工彫刻
段ボールの部分のギザギザを彫って行きます。

リアル過ぎる木工彫刻
札束をくっきりさせると、箱の中に何かが入ってる状況が見えてきます。

リアル過ぎる木工彫刻
リアル過ぎる木工彫刻
段ボールに一層リアリティを出すため、折り目やシワなどをつけます。

リアル過ぎる木工彫刻
これだけでも立派な作品になりそうですが、本番はこれから。

リアル過ぎる木工彫刻
札束を塗料で着色していきます。

リアル過ぎる木工彫刻
まぎれもなく札束です!

リアル過ぎる木工彫刻
彫刻のスキルもさることながら、描画のスキルも半端ないですね。

リアル過ぎる木工彫刻
札束の描画が終わると、次は慎重に段ボールの着色を始めます。

リアル過ぎる木工彫刻
段ボールの着色は簡単そうに見えて結構難しいようです。
リアリティを追求するため何度も塗り重ねを行い、光が照らされた感じも表現しています。

リアル過ぎる木工彫刻
そして完成!細かいスジや折り目、段ボールのめくれ具合なども見事ですね。

リアル過ぎる木工彫刻
本物と見間違えちゃいます。

リアル過ぎる木工彫刻
右が本物、左は彫刻で作られた札束。もはや見分けがつきません。

リアル過ぎる木工彫刻
製作中の様子。手仕事でここまでやるなんてすごいですね。

ローゼンタールさんは他にも様々な作品を作り出しています。
全て立派な彫刻作品で、どれもこれも驚くほど精巧に作られています。

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

リアル過ぎる木工彫刻

他にも数えきれないくらいたくさんの作品を公式サイトで見ることができます。
RANDALL ROSENTHAL “Wood Sculpture”

参照元:
VIRALNOVA “Finding This Box Of Money Would Be Great… Til You Realize What It Really Is. Then It’s Even Better.”
COLOSSAL “Realistic Stacks of Old Newspapers, Cash, and Comic Books Carved from a Single Piece of Wood by Randall Rosenthal”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!

スポンサーリンク