ブルースの音色に酔いしれてトランス状態になってしまったブルドッグ

ほっこり

ブルースに陶酔するブルドッグ

ギターを弾きながらブルースを歌うお姉さん。
その横でおっさんのように座りながら首をフリフリする2歳のブルドッグ。
渋いブルースの音色に酔いしれてトランス状態になってしまったかのようです。

スポンサーリンク

ウィンストンという名のこのワンちゃん、どうやら耳が不自由らしいのです。
聴こえないはずの音色を体で感じ取り、魂で音を聴いているのでしょうか。

Youtubeにアップされたこの映像を見て様々なユーザーがコメントしていますが、中には「お尻に病気があって痒がってるんじゃないの?」という意見もありました。
真意のほどは確かではありませんが、音や響きに反応して体を動かしたり吠えたりする犬もいますので、このブルドッグの場合もそうなのかもしれません。

Blues Scootin’ Bully

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!