奇跡のマグネット少年、癒しの手で痛みを和らげる

グッとくる

奇跡のマグネット少年

クロアチアに住む6歳の少年Ivan Stoiljkovic君。
彼は生まれつき体に磁気を帯びた、非常に珍しい体質をしています。

シャツを脱ぐと彼はマグネット少年に変身します。
重さ10kgほどの大きなフライパンや重量のあるダンベル、フォークやスプーン、携帯電話やテレビのリモコンまでも、合計でおよそ25kgほどの金属を体に付着させながら歩くことができるのです。

Ivan君のすごさはそれだけではありません。

スポンサーリンク

彼は「癒しの手」と呼ばれる不思議な手を持っています。
痛みのある部分にその手をかざすと、たちまちその痛みは薄らぎ、消えていくといいます。
Ivan君のおじいさんが胃の痛みを訴えたときに手をかざすと不思議と痛みは消え、トラクター事故で足を怪我した人にも手をかざすと、やはりその痛みは和らいでいったということです。

Ivan君のおじいさんは「孫がわしの胃の辺りに手をかざすと、ものすごく熱くなって、簡単に痛みも消え去ったんだよ。」と語りました。

また、彼は大変な力持ちで、20kg以上のセメント袋を簡単に持ち運ぶことができます。
その重さは同じ年齢の他の子供では難しいと言われる重量です。

Meet Ivan Amazing Croatian Magnetic and Healing Boy

生まれたて霊感が強いとか予知能力があるとか、不思議な力を持っている子供たちも多いですが、このIvan君もそのような奇跡の子供の一人なのでしょう。
彼の体は磁気で満たされているので、その「癒しの手」は接骨院などで行われる磁気刺激療法と同じ効果があるのかもしれませんね。

参照元:
Metro co.uk “Miraculous magnetic boy can carry pans on chest and ‘heal the world'”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!