ジャグリングしながらトライアスロンに挑む男、世界記録を樹立

グッとくる

ジャグリング+トライアスロン

水泳と自転車とマラソンという3つの試練をくぐりぬけてゴールを目指すトライアスロン。
ただでさえ体力を消耗する過酷なレースなのですが、なんとボールをクルクルと回すジャグリングをしながらゴールしてしまったツワモノがいました。

スポンサーリンク

アメリカ・フロリダ州出身のジョー・ソルター(Joe Salter)さん31歳。
ジャグリングをしながらトライアスロンをする世界記録の保持者です。

水泳(約400m)では背泳ぎしながら両手で3つのボールをジャグリング。
自転車(約26km)では片手で2つのボールをジャグリング。
マラソン(約6.4km)では両手で3つのボールをジャグリング。

距離的には通常のトライアスロンより少なめとなっていますが、それでもボールを常にクルクルしながら泳いだり走ったりするわけですから、体力と集中力はかなり必要とされます。

水泳の時に3回ほどボールを落とすミスをしたらしいですが、自転車とマラソンでは一度も落球させることなくゴールにたどり着き、結果は1時間57分という好記録でした。

8歳の頃からジャグリングをしていた彼はジョギングしながらジャグリングをする「ジョグリング」の魅力に取りつかれ、今度はトライアスロンに出場してみたくなったそうです。
そこで10か月ほどトレーニングを積み、今回の結果につながったということです。

Triathlon Juggling World Record

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!