電機事故で顔面を失った男性、移植手術に成功

グッとくる

顔面を失った男性、移植手術に成功

電気事故で顔面を損失してしまった男性が、無事移植手術に成功し、医師とともに記者会見に臨みました。
小さな娘さんにキスをされ「ハンサムになったね」と言われるほど見た目が変わったことや、病院食の最初の一口はとてもおいしかった、ということを語りました。
そして匿名でドナーを引き受けてくれた男性とその家族に対して感謝の言葉を述べていました。

スポンサーリンク

アメリカのテキサス州に住むダラス・ワインズ(Dallas Wiens)さんは、2008年11月にリフト車で電線の工事をしていましたが、誤って高圧電線に触れてしまい、鼻、唇そして両目を損傷する大怪我を負いました。

記者会見でワインズさんは黒いサングラスとヒゲをたくわえ、顔の片側は腫れ上がっていました。
彼は「顔に違和感はないです。ちゃんと自分の顔の様に感じています。」
と語った上で、まだまだ麻痺している部分があり、今後も神経機能を再生させるためにリハビリを続けていきます、と述べました。

担当の整形外科医は、彼の鼻、唇、顔の皮膚、神経、筋肉を置き換える手術を麻酔科医・看護師などを率いて15時間かけて行ったということです。

担当医師は「彼は文字通り”顔の無い男”でした。」と語り「今現在可能な整形手術の新たな境地だと感じていました。この手術は今後大きな可能性を開き、多くの希望をもたらすでしょう。」と続けました。

※一部ショッキングな映像がありますので、閲覧にはご注意下さい。

↓ニュース番組に取り上げられた映像
Man Receives U.S.’s First Full Face Transplant, Reunited With Daughter (2011)

↓記者会見の様子
Dallas Wiens Describes Life After Full Face Transplant on ‘GMA’ (2011)

参照元:
THE WINDSOR STAR “hotos: The new face of Dallas Wiens”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!