イスラム教徒たちがキリスト教の墓地を破壊する―宗教って何のため?

こらアカン

武装集団が墓地を破壊

リビア・ベンガジ東部に第二次世界大戦で亡くなったイギリス軍人たちの遺骨を埋葬した墓地があります。
おもにキリスト教やユダヤ教の墓地として知られている場所ですが、そこでとても悲しくなるような出来事が発生しました。

スポンサーリンク

イスラム教徒で組織された武装集団によって、墓石が破壊されたりなぎ倒されたり、慰霊碑がハンマーで打ちつけられる行為が撮影され、動画が公開されています。

この映像はイギリス国内に衝撃をもたらし、リビアの国民評議会はすぐに謝罪文書を出したそうですが、犯人はまだ捕まっていないそうです。

なぜこんなことをしたのか不明ですが、おそらく先日アフガニスタンで米軍がコーランを焼却してしまう事件が起き、その反発とも考えられています。

ほんと、こんなことしても何の解決にもならないのに。
宗教って何のため?って思ってしまう映像です。

Muslims destroy christian-jewish cemetery from WWII in Libya

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!