闇夜に現れた巨神兵!?火を吹く機械じかけのタコがちょっと不気味

ビックリ

火を噴く機械仕掛けのタコ

アメリカで毎年開催されるアートとパフォーマンスのイベント「バーニングマン」。
今年も様々なアートやパフォーマンスを展開する人々でにぎわいました。
その中でひときわ異彩を放っていたのが「El Pulpo Mecanico」(機械じかけのタコ)。
人の顔のようにも見える頭部と八本の足先から炎を吹き出しながら闇夜を進むその不気味な姿は、ナウシカに出てくる巨神兵を彷彿とさせるようなさせないような・・・。

スポンサーリンク

Burning Man 2011: Steampunk Octopus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!