世界中の人たちと踊ろう!地球の様々な場所でダンス

グッとくる

地球の様々な場所でダンス

地球上のあらゆる場所を訪れ、そこに住む様々な人たちと一緒に陽気なダンスを繰り広げる男性がいます。
彼の名はMatt Harding、通称マット。
2003年の2月、オーストラリアのブリズベンから彼の世界紀行が始まりました。

いくつかの国を回るうちに、そこに住む人と一緒に踊りを踊って、映像として残していくことを仲間が提案してくれました。
その後は行く先々で現地の人と一緒に踊りを踊る様子をビデオ撮影し、映像を撮りためていきました。

スポンサーリンク

しばらくすると、この取り組みに興味を抱いたチューイングガムのストライドガムという企業が世界一周ダンス紀行を提案。
彼はもちろんその話に乗り、企業が旅行費用を提供しつつ、更なる世界の旅へと向かいます。

2006年にマットは全7大陸39カ国を巡り、その場所場所でダンスを繰り広げました。
公開された動画は話題を呼び、更に大きなたびへと彼を旅立たせる結果となりました。
今となっては少し古いですが、2008年に公開された映像をお送りします。

この映像で登場する地名は下記の通り。
すごい量ですね。これでも訪れた場所のほんの一部だということです。

  • インド/ムンバイ
  • ブータン/パロ
  • 北アイルランド/ジャイアンツ・コーズウェー
  • ザンジバル島ストーン・タウン
  • オーストラリア/ランセリン
  • オランダ/リセ
  • クリスマス諸島
  • クウェート/クウェート・シティ
  • メキシコ/テオティワカン
  • アイスランド/セリャラントスフォス
  • スペイン/マドリード
  • マダガスカル/アンツィラナナ
  • オーストラリア/ブリスベン
  • アイルランド/ダブリン
  • アルゼンチン/ブエノスアイレス
  • ザンビア/チャカチノ(Chakachino)
  • トルコ/イスタンブール
  • フィジー/Wainivilase
  • イギリス/ロンドン
  • スウェーデン/ストックホルム
  • ソロモン諸島/アウキ
  • イエメン/サヌア
  • キルギス/アラ・アルチャ自然公園
  • フィリピン/タガイタイ
  • 朝鮮軍事境界線/DMZ(38度線)
  • マリ/トンブクトゥ
  • ポーランド/ワルシャワ
  • アメリカ/オースティン
  • 日本/東京
  • パプアニューギニア/ポリア
  • アメリカ/マイアミ
  • ドイツ/ミュンヘン
  • トンガ/トンガタプ
  • アメリカ/シカゴ
  • ブータン/ティンプー
  • インド/グルガオン
  • オーストラリア/シドニー
  • ポルトガル/リスボン
  • 韓国/ソウル
  • 南アフリカ/ソウェト
  • アメリカ/ニューヨーク
  • 東京/日本
  • トンガ/ヴァヴァウ
  • 南アフリカ/喜望峰
  • パナマ/パナマ運河
  • ヨルダン/ワディラム
  • マダガスカル/レムール島
  • ニュージーランド/オークランド
  • モロッコ/バテッィク(Batik)
  • オランダ/アムステルダム
  • アメリカ/アトランタ
  • メキシコ/メキシコシティ
  • ベルギー/ブリュッセル
  • アメリカ/サンフランシスコ
  • 台湾/台北
  • カナダ/バンクーバー
  • アメリカ/ワシントンDC
  • ブラジル/リオデジャネイロ
  • ドイツ/ケルン
  • シンガポール
  • アメリカ/アルハンブラ
  • イスラエル/テルアビブ
  • ヨルダン川西岸地区/東エルサレム
  • フランス/パリ
  • カナダ/モントリオール
  • アメリカ/ネリス空軍基地
  • アメリカ/ロサンゼルス
  • ブラジル/サンパウロ
  • アメリカ/シアトル

世界中どんな場所でも人は住み、生活をしています。
社会的、文化的に程度の差こそあれ、人はそこに「生きて」いるのです。
幸福を感じている人、つらい状況の人、うれしい人、悲しい人、様々ですが、人間はみんな同じ。
産まれて、生きて、死んでいく。
それは不変の出来事ですね。
世界中でいろいろな事件や戦争など、なかなかなくならないですが、「人間はみんなおんなじ」と言う風に誰もが考えることができれば、やがて平和な世の中になっていくのではないでしょうか。
この映像で、みな一様にダンスを楽しく踊る様子を見て、そんな風に感じてしまいました。

現在アメリカのシアトルに住む彼は、更なる旅へと出かけています。
オフィシャルサイトでは彼の訪れた道筋が分かるようになっています。
また、ブログを見ますと、2月には北朝鮮に訪れたようですね。

次回の映像もとても楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!