チェコの森に突如現れた氷塊のボール。宇宙からの飛来物かと話題を呼ぶ

ビックリ

チェコの森に現れた氷のボール

東欧チェコの森林で、氷で出来た2メートルほどの大きなボール状の物体が発見されました。
森の中の舗装されていない道の真ん中に、半分埋まるような形でめり込んでいます。
青白くきれいな状態で残されていたこの氷のボール。宇宙から飛来した物体だと考えられていましたが…。

スポンサーリンク

2 metrova ledova koule 3

氷の内部に何やら物体が埋め込まれているようで、爆破させて調べてみることになりました。

すると中から鹿の角のようなものと、何かが書かれていた紙片が入っていたそうです。
その紙はドイツ産のリキュール「イエガーマイスター」のラベルだったそうです。爆破の衝撃で割れてしまいましたが、リキュールの瓶に貼られていたものと思われます。
このブランドのトレードマークが立派な角を持った鹿なので、角が「同封」されていたのでしょうか…。

いろいろ憶測が飛び交い、Facebookではその検証サイトが立ち上がるなど話題を呼んでいましたが、結果的にイエガーマイスター社が公式の映像をアップし、これはジョークを交えたリキュールの広告だったということが判明しました。

Jagermeister: Ledova koule (Making Of…)

宇宙人からのメッセージじゃなくて、単なる広告だったということでロマンを感じていた人も一気にヒートダウンしてしまいそうですが、CMとしては大成功だったのではないでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!