これぞ職人技。業務サイズの超ビッグなチャパティーを手際よく作る男

イケてる

巨大なチャパティを焼く男

インド人の食卓に欠かせない食べ物と言えばチャパティ
全粒粉と水をこねて生地を作り、薄い円形にして鉄板で焼いて作ります。
一般的な家庭でもよく作られるチャパティですが、業務サイズの超大型チャパティーを作っている様子を映した映像がなかなか興味深いです。

スポンサーリンク

土台の上で粉を振りかけながら生地をバシバシ叩き、おもむろに持ち上げたかと思えば、両腕を使って器用に広げていきます。
まるで身にまとう衣のようにヒラヒラと巨大化させたチャパティーを横にある丸太状の鉄板の上に手際よく敷き、焼いている最中に最初のプロセスに戻って次のチャパティーの作成へ。

この一連の動作がとても手際よく、まさに職人技と言いたくなります。
鉄板は相当な熱さだと思うのですが、道具は使わず素手で焼いたチャパティを持ち上げる様子もすごいです。

Amazing Must See..

しかしこの巨大なチャパティ、まさか一人分というわけじゃなく、おそらくパーティーか何かで大人数で分け合って食べるんでしょうね。
細かいのをたくさん作るよりでかいのを一つ作ったほうが確かに合理的ですが・・・。
さすが神秘の国、インド。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!