ドタバタコメディー風のキックボクシング

ダメだコリャ

ドタバタコメディー風のキックボクシング

タイのキックボクシングの試合映像です。
ちょっと小太りな選手と体の引き締まった選手の闘いが始まりました。
キックのキレやパンチの鋭さはさすがプロの選手です。
殴られ、蹴られ、倒されても這い上がる、キックボクシングの見所が一杯です。

でもずっと見ていると、選手がお互いグロッキーになってきたのか、動きがコメディーっぽくなってきます。

スポンサーリンク

小太りの選手は殴られても殴られても体を震わせて「まだまだー!」という素振りを見せ、その様子がとてもコミカルです。
引き締まった方の選手はもはやフラフラで、最後の力を振り絞ってブンブンとパンチを振り回します。
それが間違ってレフェリーに当たってしまい、もうドタバタ!

観客も途中で笑ってしまっていますね。
これ、本当はジョーク映像なんじゃないかと疑いたくなりますが、選手とレフェリーははあくまで真剣。

最後は時間切れで判定に持ち込まれたようですが、選手はお互い検討をたたえ合い、レフェリーは・・・なぜか腕立て伏せ??

特にオチがあるわけではないので、ジョークの映像というわけではないと思いますが、なかなか笑わせてくれる試合でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!