みんなで滑ればこわくない!「スケボーの日」ロサンゼルスの街を一斉に滑走

グッとくる

去る6/21は「Go Skateboarding Day」。その名の通り「スケボーの日」でした。
毎年同じ日に開催されるこのイベントは「嫌なことも忘れてスケートボードで楽しく滑ろうぜ!」という精神のもとアメリカで始まり、今では世界各地にそのムーブメントが広がっています。

世界中の様々な町でスケートボーダーたちが街中を滑走したり、みんなで集まってスキルを披露し合ったりしています。
公的にもこのイベントが認められている地域もあり、普段は走れないような車道や公園なども気兼ねなくスケーティングできるので、多くのボーダーが日頃のうっぷんを晴らすように楽しく滑走する、一つのお祭りみたいなノリも感じられます。

スポンサーリンク

ロサンゼルスで一斉にスケーティングする様子を魚眼レンズで捉えた映像をご紹介します。

RIPNDIP X SK8RATS Go Skateboarding Day 2011

普段こんなに大勢で公の路上を滑ったりしたら一発で警察の取締りを受けてしまいそうですが、この日ばかりはポリスも公認。パトカーにしがみつきながら滑ってしまうツワモノもいるくらいです。

スケボーをやらない人にしてみれば「ゲッ!新手の暴走族か?」と思っちゃいそうですが、見てるとみんなとても楽しそうですよね。
バイクや車みたいに排気ガスも出さないし、地球にも優しいエコなストリートスポーツとして今後も注目されていくことでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!