光で描いた愛の言葉~手間がかかったけどかなり斬新なプロポーズの方法

グッとくる

アメリカ・ノースカロライナ州に住むデリック・チャイルドレス(Derick Childress)さんは恋人へのプロポーズをどのように告げようか考えていました。
これまで見たことが無いような斬新な方法でプロポーズの言葉を伝える方法はないか・・・。
考えた結果、彼は「カメラの長時間露光」を利用して光の文字を描くことを思いつきました。
ノースカロライナのローリーという街にあるホテルの10階にある部屋を借り、3日間泊り込んで仲間と一緒に「愛の言葉」を作り上げていきました。
無事に光の文字を描き終わり、さらに3日間編集作業を行い、ようやくビデオが完成しました。

スポンサーリンク

そしていよいよプロポーズの日。
恋人のエミリーさんと自宅で映画を見ていましたが、途中で止めて何気なくMac Bookを開いてこう言いました。

「そうだ、もしよければ僕の今取り掛かっている仕事を見てみないか?」

そして出来上がったばかりのこのビデオを見せました。

Light Writing Proposal

EMILY, WILL YOU MARRY ME?」エミリー、僕と結婚してくれるかい?

この文字が現れた時に指輪を彼女に差し出したそうです。

結果はもちろん「YES」だったそうです。

光の文字でプロポーズ

手の込んだプロポーズの方法でしたが、それだけ愛情がこもっているということでしょうね。
とてもロマンチックな演出に彼女の方もとても喜んだことでしょうね(*^-^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせかいろをフォローしよう!